いまや企業にとってブログは非常に重要だ。ブログでビジネスが変わることもある。ここではブログをあなたのビジネスに活用する5つのヒントを紹介する。

語れ、売り込むな

ブログは、売り込みマーケティングに対する反感の気運の中から生まれた。 ブログのユーザーは、他人の考えを求めている。それを通じて、信頼や離反が生まれる。彼らに話しかければ、あなたの話を聞いてくれる。

だが、 強引に売り込めば、よくてもせいぜい黙って逃げていくだけだ。最悪の場合、ブログを悪用していると袋叩きにされる 。そして、そんな悪い評判は、想像以上に長く尾を引く。

頻繁に投稿し、面白いものを書け

あるブロガーは 最低でも1日1件投稿する ようにしていると語った。 そのために、じっくり考え込むことも少なくないという。だからといって、たくさんの量を書けというのではない。多くのブロガーは、関心のある分野のブログにリンクを張っている。

一言でも何かを書けば、それが別のブログによって発展していったりもする。もちろん、更新頻度が高ければ、検索エンジンで上位に表示されるメリットがあり、内容が面白ければ、あなたへのリンクが増える。

興味のあることについて書け

これはいくら強調してもしきれない。

良きブログは情熱的であり、正当性を感じさせる 。 ブログで売り込みをするのは賢明ではないにしても、自分が気にしていること、知っていることについて書くのは、そもそもブログを始める動機であるはずだ。

興味のあることについて書いていれば、ブログを通じての販売も成功する例がある。有益な情報や面白いことを書き、信頼を得れば、ブログで物は売れるのだ。

ブログは費用の節約にはなるが時間がかかる

良きブログは製品やサービスの広告費用やPR費用を節約してくれる。ブログは他のPR手段よりもずっと高い効果を上げることもある。問題は、それにかかる時間である。

良きブロガーになるには、時間がかかる。 他のブログを読み、そこにリンクを張り、コメントを投稿して、会話に参加しなければならない 。物を書くには下調べが必要だし、入念に裏を取らなければならない。それには時間がかかる。

人の話に耳を傾けよ

「 ブログの読者は全体として自分よりも賢い」

これは、あなたの顧客についても同じだ。ネガティブなコメントや投稿に腹を立てて何とか言い負かしてやろうと考えるより相手がそんな行動をとった原因を思いやろう。 人々はあなたが読んでいると知ると、礼儀正しさを取り戻す。 ブログこそが、企業が人々の話を聞くためのツールなるだろう。


最終更新日: 2008年05月17日(土) / カテゴリー: ウェブサイトの構築と運用


Back to top