gamag2010-winter

2010年12月、中学生/高校生を対象とした、 ゲーム制作情報を提供する無料の雑誌「がまぐ!」 が創刊されました。

「がまぐ!」はゲーム制作に何となく興味ある人のための本で、本当の初心者に向けてゲームの制作を薦める内容となっています。 「ゲームを作りたいという意志さえあれば、あとは何とかなる」をモットーに、現役のゲームクリエイターたちがゲーム制作に関する知識や技術を伝えてくれます。

雑誌は電子書籍(PDFファイル)として発刊されており誰でも無料で入手できます。

創刊号の「2010/冬」版の目次を見てみましょう。盛り沢山で全部で200ページほどあります。

  • ライセンスについて

  • サポートについて

  • ダウンロードコンテンツに関して

  • 巻頭言「ゲーム作ろうぜ!」

  • ゲームってなに?

  • コンピュータゲームの基本構造

  • ゲーム制作メンバーを集める

  • Java+Swingはじめの一歩

  • C#+XNAはじめの一歩

  • Google Androidでいこう

  • !DoJaって何?

  • キャラクターの絵を用意しようぜ!

  • キャラ絵の描き方 基本のキ

  • ゲームデザインしてみよう

  • ゲームの物語の作り方

  • SiONで「電子音を創ろう」

  • OSとゲームの切っても切れない関係

  • 投稿ゲーム
    • 鬼ごっこ
    • Dot Eater
    • ライフゲーム
    • 落下物警報
    • (音楽なし)マインスイーパ
    • 風神
    • !LeftRedRightBlue
    • Cannon Ball
    • ○×△□
  • 著作権について

  • 作ったらどう見せる?

  • めざせ! 明日のスタークリエイター

  • ゲーム紹介の募集

  • ツールのダウンロードとインストールの仕方

  • 著者紹介

  • 編集後記

  • 奥付

「ゲームとは何か」「どうやって制作が進められるのか」「ゲームプログラミングの開発環境」「キャラクターの描き方」「実際のプログラミングについて」「作品の見せ方」など、この一冊でゲーム制作の全体像を見渡すことができます。

特に「投稿ゲーム」は往年のベーマガを彷彿させ、読者自身が自分で本物のゲーム制作を体験できるようになっています。 もちろんあなたが作ったゲームを投稿することもできます。

中高生に限らず、ゲーム制作やコンピューターのプログラミングに興味がある人は、ぜひ「がまぐ!」を読んでください。ワクワクしますよ!


最終更新日: 2010年12月17日(金) / カテゴリー: ゲーム


Back to top