はじめに

本書はいち平凡プログラマである筆者の英語学習法とでも言うべき、ストレスのない英語との付き合い方を書きました。

ハッカーの巨匠エリック S.レイモンドは How To Become A Hacker の中で「英語を学びなさい」と言っています。「ハッカー文化とインターネットの世界は英語が主要な言語だから」です。

筆者はハッカーに憧れはあるものの基本的には自分の視野を広げるために英語とつき合い始めました。そしてソフトウェア開発の世界に限らず英語に慣れることで様々な恩恵を受けています。しかし正直に告白します。筆者は英語を読むことができるだけで「書く」「聞く」「話す」はほとんどできません。それでも読めるだけでかなり情報量も増えましたし、何度も英語の文書に助けられてプログラミングの問題を解決してきました。

本書が英語嫌いのプログラマや SE の励みになることを願っています。

筆者の英語力

このような文書を書く筆者の英語レベルがどれほどのものか正直に言います。おそらく英語が嫌いではない中学生より低いでしょう。

「読む」力

得意というか苦手でない分野はコンピュータに関するものです。例えば Gentoo Handbook を活用できます。興味が持てない分野はさっぱりダメです。 Yahoo.com のニュース なんて読まないですから読めないです。

「書く」力

いつも機械翻訳の助けを借ります。オンライン ショップに「在庫ありますか?」などと問い合わせのメッセージを書きますし、気に入ったウェブサイトのウェブマスター宛に "Thank you for your project." と感謝の意を表す一文だけ書いてメールを送ることもあります。

「聞く」力

さっぱりだめ。全然ダメ。英語が少し話せる友人に "Photo" と言われても何のことだかわからず、3回も聞き返しました。聞くのが嫌いではありません。洋画は字幕が好きです。道を尋ねられたとき "Excuse me." はわかります。

「話す」力

こちらも全くダメ。苦手というより話す事をしません。

以上が筆者の英語力です。無論 TOEIC なんて縁がないです。

英語を読むメリット

筆者は読むのが一番得意です。「読める」とは 英文の意味を理解 できることを指します(発話は関係ありません)。読めるようになって良かったことを挙げてみます。

  • 有益な情報にいち早く出会える
  • 問題の解決策が発見できる
  • 最新のソフトウェアを体験できる
  • 自然に英単語を覚える

他にも英語と慣れ親しむことでオンライン ショップも利用できるようになりました。限定モノとか入手できるのでかなり得しています。

英語との付き合い方

何かをしながら英語と触れ合う のが筆者の姿勢です。

プログラマを目指した当初から「プログラマはその才能と視野を広げるために英語に強くならないとダメだ」とは思っていたのですが、いざ勉強しようと身構えると何も手に着かないので今は 英語だけを学習することは放棄 しています。

Gentoo Linux 愛用の筆者は GNU プロジェクトの成果物ををはじめとする海外のオープンソース ソフトウェアを利用しなければなりません。好きで選んだ OS ですから英語のドキュメントしかなくてもがんばるのです。

好きなミュージシャン は海外の人だからウェブサイトも英語です。好きだから見るのです。

すばらしいソフトウェアは海外発 のものが多いので英語サイトを検索するのです。

お気に入りのインターネット ラジオ局 で Jazz を聞きます。

こんな風に自分の趣味趣向のなかに英語と触れ合う機会を取り入れています。

英語に慣れる方法

英字を見るだけでも違和感を感じる人は 常に英語と触れ合う環境 をつくりましょう。海外に移住するとか隣に外国人を呼ぶということではありません。

OS (デスクトップ)を英語にする

Linux を使っているなら LC_MESSAGESen_US.utf8 にしましょう。これで、メニューやアプリケーションからのメッセージは英語になります。Windows, Mac OS のデスクトップについては残念ながら筆者はわかりませんが、アプリケーションは英語バージョンをダウンロードします。(例えば Firefox とか)

サービスを英語で利用する

英語サイトを積極的に利用します。

Google を google.com で利用しましょう。Preferences で Interface Language を English にしましょう。どうしても日本語サイトだけをターゲットに検索したいなら goo が利用できます。

slashdot.jp ではなく slashdot.org を見ましょう。

Yahoo! JAPANのカレンダーではなく yahoo.com のカレンダー を使いましょう。

英語を聞く

洋画は字幕。1度観たなら字幕をOFFにしてみるとおもしろいです。

IT Conversation では著名人の講演を podcast しています。

以上のように目の前に英語を展開する環境をつくるのです。あなたがハッカー指向のプログラマならプログラミング言語をいくつか扱えるでしょう。英語を毛嫌いしなければ複数のプログラミング言語を習得した時と同じくあなたの世界が広がります。

本気で英語を学ぶ

筆者は現在英語だけを学ぶということはしませんが勉強しようとした経験はあります。英語学習に真剣に取り組んでいた当時の学習方法を紹介します。

「読む」を鍛える

興味のある本を読みます。英和辞典はいつもそばにあります。小説などの物語は英文の意味がわからなくても2、3回は最後まで読み通します。なんとなく話の全体が理解できたら意味不明だった文章、英単語を辞書で調べながら理解してゆきました。 ハリーポッターと賢者の石のペーパーバック「 Harry Potter and the Philosopher's Stone 」や、英語学習用にルビが振ってある推理小説を買っていました。「 ホームズの名推理ベスト5 [英語版ルビ訳付] 講談社ルビー・ブックス

それとソフトウェアの文書に日本語訳があってもあえて英語の文書を選んで読みました。現在もそうしています。

他には翻訳(和訳)に取り組みました。翻訳ソフトと英和辞典を利用して「 Why Python? 」などを和訳しました。

「聞く」を鍛える

DVDで洋画の音声を英語で観ます。もちろん字幕はOFFです。音楽も歌モノは英詞の曲しか聞きません。歌詞カードを眺めながら聞いていました。ジャンルは自分の好みのものだけです。

「書く」を鍛える

読み通した文書を写経のように繰り返し書き取りました。コンピュータ上ではなく大学ノートに手書きで写していました。

「話す」を鍛える

近所の英語教室に通いました。Novaとかではなくて個人で英語を教えているところです。先生はカナダ人でした。3ヶ月間で合計10回くらい通いました。他には「聞く」で観た洋画のセリフを真似していました。

英文法について勉強した記憶はほとんどありませんが「 ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本 」は今も本棚にあります。アメリカ人の感覚を知るために読んだ「 日本人の英語 」はためになる一冊です。

英語学習に役立つリソース

筆者がよく利用するサイトなどを紹介します。

翻訳サービス

エキサイト 翻訳
和英、英和翻訳。ウェブサイトの翻訳と入力テキストの翻訳ができる。
フレッシュアイ翻訳
和英、英和翻訳。入力したテキストを翻訳してくれる。専門用語辞書を使った翻訳エンジンなので、テキストの他の翻訳サービスより精度が高いときがある。

辞書サービス

スペースアルク
和英、英和データベース。英辞郎のウェブ版が利用できる。検索結果に豊富な文例が出力されるのがGOOD!
goo辞書
英和、和英、国語・新語の辞書検索。誰もが知ってる辞書サービスでしょう。
Google
define コマンドを使って英英辞典として利用しています。例: define: hacker

おすすめ本

英語辞典を使いこなす 講談社 学術文庫 ISBN-13: 978-4061595385
"英和・和英・英英使いのノウハウ 英語の疑問の90%は辞典の中に答えがある"と帯に書かれているのはウソではない。筆者が"辞書好き"であることもあるけれど、英語の初学者にはかなりオススメの一冊です。 参考ページ: 英語・英会話の情報ランド−おすすめ本・初心者編

さいごに

筆者は英語と積極的に付き合いだしてから2006年現在で3年ほど経ちました。冒頭でも言いましたが筆者は読むことしかできません。本気で勉強していればもっと書けたり話せたりしたと思います。しかし今の状態でもソフトウェア開発に携わる者として十分価値のあるスキルだと思っています。


最終更新日: 2011年02月27日(日) / カテゴリー: 学習・教育


Back to top