Internet Marketing Company

アクセス解析で「自社サイトを訪問した企業や学校を調べることはできないか」と質問されることがあります。

答えはYESです。

アクセスしてきた組織を分析できるソフトウェアはいくつかありますが、ここでは Google Analytics を使って自社サイトにアクセスしてきた企業を調べる方法を紹介します。

といっても、ネットを検索すると「ネットワーク ドメイン」というディメンションを活用した分析方法がたくさんあるので、まずは次のようなページを読んでください。

「ネットワーク ドメイン」分析の参考ページ

参考にあげたページを読むと「ネットワーク ドメイン」での分析方法やセグメントの設定方法がわかると思いますが注意点があります。それは ドメイン名の種類で分析できる組織の種類が違う ということです。

.com や .net ドメインは日本だけでなく世界中の組織が利用できますし、ne.jp はネットワークサービスを提供する多くのインターネット サービス プロバイダで利用されていますので一般家庭からのアクセスも含まれます。

繰り返しますが、ドメイン名の種類で分析できる組織の種類が違うということを覚えておきましょう。

サイトにアクセスしてきた 日本国内の一般企業を調べるには「co.jp」で絞り込む ことをおすすめします。

ドメイン名と組織の関係は JPドメイン名の種類 を読んでもらうとして、ドメインの種類が理解できれば、一般企業だけでなく大学(ac.jp)や官庁(go.jp)に絞り込んだ分析もできるようになります。

さて、Google Analytics で「ネットワーク ドメイン」を調べる方法がわかったと思いますが、ネットワーク ドメインの情報だけですと具体的な会社名がわかりにくいと思いませんか?このドメインの情報だけでは会社名まではわからないですよね?

実は、もうひと手間かけることで具体的な会社名を調べる方法があるので、その方法を紹介します。

会社名、組織名を調べる方法

WHOIS で調べる

Google Analytics で明らかになった「ネットワーク ドメイン」を WHOIS http://whois.jprs.jp/ というサービスで検索してみてください。(リンク先のWHOISで情報が入手可能なのはJPドメインだけです。)

例として WHOIS で yahoo.co.jp を検索した結果を見るには次のリンクを訪問してください。 http://whois.jprs.jp/?key=yahoo.co.jp

そうするとドメイン情報として「組織名」という項目が出てきます。この項目がドメインの所有者でありサイトにアクセスしてきた企業の名前になります。

注:

該当するデータが無い場合はドメイン名が破棄されていて組織名を把握するのは難しいです。また「厳密にはドメインの情報とアクセスしてきた企業がイコールではない」という意見はもっともですが、この調査方法は可能性として最も有力な方法なのでここでは無視します。

ネット検索で調べる

ネットワークドメインを Yahoo や Google で検索して調べるのも有効です。同じドメイン名でウェブサイトが存在するならサイトにアクセスして会社の名前を見てみましょう。

企業名から業種を知る方法

会社の名前がわかれば、次はその組織の業種について調べてみましょう。

ネット検索で調べる

ひとつ目の方法は、会社名での調査方法と同じように組織名で検索してみてウェブサイトがあればサイトへアクセスして企業概要ページなどから把握する方法があります。

帝国データバンクで調べる

もうひとつの方法は 帝国データバンク のデータを利用します。

帝国データバンクは国内最大級の企業情報データベースを保有しており、企業の信用調査などに使われますが無料の公開情報から業種を調べることができます。

全国に同じ名前の企業や部分的に社名が一致する企業もあるので、検索結果が複数表示されることがあります。そんな時は住所を見て Google Analytics で地域や市区町村の情報と照合すると該当の企業を特定できる可能性が高いです。

ちなみに帝国データバンク(TDB)で示される業種は「TDBが調査取材を通じて確認した、当該企業の売上比率が最大の業種」ですので、事業内容が多岐にわたる企業では想像とは違う業種が出てくることもあります。

例えば ヤフー株式会社の場合「他の事業サービス」 という業種が表示されます。ヤフーはインターネットのポータルサイトの運用事業が主体だと思っていても実際はインターネットの広告事業もあればYahoo!BBというISP事業も行っていますので、そのような業種になっています。

Google Analytics レポート

ここまでに紹介した内容に関連する、カスタムレポートとセグメントの共有アセットのURLを掲載しておきますのでインポートして自由にご利用ください。

開発者向けツール

膨大なリストのドメイン名をひとつずつ手作業で調べるのは大変です。 効率的に組織名を調査するためのスクリプトを公開していますので自由にご利用ください。


最終更新日: 2014年11月10日(月) / カテゴリー: ウェブサイトの構築と運用


Back to top