販売員が消費者の家庭や企業を訪問し、医薬品の入った箱を配置し、次回の訪問時に使用した分の代金を精算し、集金する仕組み。販売員が配置した薬は、一般に「置き薬」と呼ばれる。

医薬品の販売業の業態のひとつである。日本独自の医薬品販売の形態で、薬事法第25条に規定されている。

病院が遠隔地にあり、通院することが難しい地域や、軽度の風邪などで初期医療に関わる費用を軽減できるメリットがある。

メリット

軽度の病気のためのにどのような常備薬を置いておけば判断しにくいので、薬の専門機関が選別してくれた薬なので安心して利用することができる。 また薬局へ買いに行く時間の節約や、薬は日用品としては価格が高いほうなので常備しておくにはコストが掛かりすぎる感があるので使用した量に応じた課金方式によって無駄な出費を抑えることができる。

デメリット

  • 請求金額が適正なのか判断しがたい
  • 配置された薬が適切なものかも個人では判別する方法がない
  • 家庭訪問がによって配置されるので薬以外の商品を訪問販売するきっかけを与えることになる

参考サイト


最終更新日: 2009年07月05日(日) / カテゴリー: お金・経済


Back to top