広島平和記念資料館

The Hiroshima Peace Memorial & Museum

原爆投下までの広島市の歴史や被爆直後の広島市の様子や被爆者にまつわる資料を展示。平和学習のために修学旅行や校外学習などで訪れる児童や生徒が多い。期間限定の企画展も開催されている。

長崎原爆資料館

長崎原爆資料館

被爆の実相と長崎市民の平和への願いを広く発信するため、1996年(平成8年)4月に開館。原爆が投下されるに至った経過や核兵器開発の歴史など、ストーリー性のある展示を行っており、館外に向けても、県外での原爆展の開催や資料の貸し出しなどを行っている。また、館を拠点として、平和推進の取り組みや平和学習の支援も行う。平和・原爆に関する書籍、CD、ビデオ、絵はがきなどを販売するミュージアムショップの併設されている。

常設展では遺品や被爆の資料をはじめ、写真や映像を利用した展示により、被爆直後の長崎の惨状が再現されているのが特徴。常設展示を補完する企画展が年に数回開催される。

如己堂・永井隆記念館

Nagasaki_Nagai Takashi Memorial Museum

長崎市に投下された原子爆弾で被爆した医学博士の永井隆氏の遺品などを展示する「永井隆記念館」。博士は被爆による白血病と戦いながら死の直前まで被爆者への救護活動を続け、原爆に関する医学的な研究と多くの著作を残した。

如己堂

如己堂(にょこどう)は博士が書斎兼病室として2人の子供とともに住んでいた二畳一間の小さな木造の家で、この「如己堂」と「永井隆記念館」は隣接する。

沖縄県平和祈念資料館

Okinawa Prefectural Peace Memorial Museum

沖縄戦に至るまでの沖縄の歴史をはじめ、被災状況の地図や映像、体験証言集などを展示。企画展などの催し物も行われている。

ひめゆり平和祈念資料館

南風原文化センター

第五福竜丸展示館

埼玉県平和資料館

川崎市平和館

立命館大学国際平和ミュージアム

Entrance of the Kyoto Museum for World Peace at Ritsumeikan University (Kyoto, Japan)

日本の一五年戦争の加害と被害の実態に加えて、第一次世界大戦からイラク戦争に至るまでの世界の戦争や紛争にまつわる資料を展示。「十五年戦争」「現代の戦争」「平和をもとめて」の3つのテーマで構成される。

大阪国際平和センター

大久野島毒ガス資料館

参考文献

博物館マップ


より大きな地図で 戦争と平和の博物館 を表示

最終更新日: 2014年06月28日(土) / カテゴリー: 学習・教育


Back to top