Automatic Watches

ワインディングマシーン(ウォッチワインダー)とは

機械式腕時計のなかでも自動巻きのものはムーブメントを長期間動かさないと機構が劣化する場合があると考えられています。 そこで発案されたのが 自動巻き腕時計のムーブメントを定期的に作動させる ワインディングマシーンです。「時計ワインダー」や「ウォッチワインダー」と呼ぶほうが一般的かもしれません。

そもそも機械式時計は手首に着けているときは腕の動きによってゼンマイを巻き上げるローターが回転する仕組みになっているので問題ないのですが、数日間身につけないとゼンマイが巻かれず時計は止まってしまいます。

止まった時計は毎回りゅうずを回してゼンマイを巻き上げて時刻を合わせる必要があり、すぐ使える状態になっていないので少し不便ですよね。 ムーブメントの劣化を予防する以外に、腕時計を常に使える状態にしておくためにもワインディングマシーンは保管ケースとして最適です。

ワインディングマシーンはスイッチを入れるだけで動きます。収納ケースとしても利用できるので時計を大切に保管することもできます。ケースの素材は木製、ABS樹脂などがあります。大きさもたいしたことありません。電気で動きますが音も静かで気になりません。「xxx分回転してzzz分停止」など回転の設定が可能なのが一般的です。

ワインディングマシーンが動いているところ。

時計が2本入るワインダーの動画。

価格と種類

値段は安い物でおおよそ5,000円、高価な物だと100,000円以上しますが、 収納できる本数やケースの素材などで差別化されています

手頃な価格で日本で入手しやすい製品が エスプリマ というブランドのワインダーで、ネット通販でも買うことができます。 参考に、下記の商品はオンラインショップのamazonで売れているエスプリマの人気商品です。収納本数は1本です。

時計はメーカーやムーブメントの種類によって、巻き上げの能力に違いがあるので4段階設定プログラムというものが内蔵されており、自分の時計に合わせて最適な設定ができるようになっています。



4本の時計を同時に巻くワインダーも売っています。ケースの素材はABS樹脂ですが高級感あふれる作りになっています。動作モードも4段階あります。



知る人ぞ知る SWISS KubiK のワインダーがamazonで入手可能です。 パソコンとUSBで接続して専用のソフトウェアで設定すればあなたの時計に合わせたプログラムがワインダーに記録される仕組みを持っていたり、ケース素材がレザーやウッド、アルミといった高級なものを使っていたりして、価格もそれなりに高いです。 またオメガやロレックスといったスイスの高級時計ブランドが推奨するワインダーでもあります。



選び方

  • 時計を収納する本数を決めましょう。2本持っていて1本を毎日着用して残りをワインダーに収めるのなら1連式のワインダーでOK。
  • ケースの素材を選ぶ。高級感や堅牢性を重視するなら木製。ワインダーの所有がはじめてならABS樹脂のもので良いでしょう。

ワインダーは自動巻き腕時計を1本しか所有していなくて毎日身に着けているのなら必要ないかもしれませんが、2本、3本所有しだすと重宝するものです。


最終更新日: 2016年01月11日(月) / カテゴリー: その他


Back to top