アクセス解析を始めるにあたって、アクセスログを収集して分析するツール(ソフトウェア)の選択も重要になってきます。

Apache や Nginx、IIS といった 一般的な HTTPD サーバーもアクセスログを記録しますが、そのログはアクセス解析において不十分な場合があります。

そこで私が おすすめするアクセス解析ツール を2つ紹介します。1つ目は Google Analytics で, 2つ目は Piwik という製品です。

ここで紹介する製品は、アクセスログの収集から解析までを行ってくれる優れものばかりで、しかも 無料で利用できる ものです。私が実際に仕事で使っていますので自信を持っておすすめします。

Google Analytics

公式サイト https://www.google.com/intl/ja_jp/analytics/

ga_channels

Google Analyticsは Google 社が提供する史上最高のアクセス解析ツールです。

ウェブサイトのログ解析はもちろん、スマートフォン アプリのログも収集/分析できますし、TVなどのインターネットに接続されたデジタル デバイスにも応用できます。

ウェブビーコン 型のアクセス解析ツールで、アクセスログのデータはすべて Google のサーバーに送信されて Google のサーバーで解析されます。

したがって、自社でログ解析専用のソフトウェアをインストールしたりサーバーを設置する必要がなく、思い立ったその日から導入することも可能です。

メリット

  • 自前でソフトウェアやサーバーを用意する必要がない。
  • 機能が豊富で高度な分析ができる。
  • 高速に動作する。

デメリット

  • 高機能なゆえに、すべての機能を使いこなすのが難しい。
  • タグが欠落するとログを収集できない。

ちなみに私は Google Analytics の個人認定資格 を取得しています。 下の画像は資格の認定証です。(個人名は伏せております。)

GAIQ

Piwik

公式サイト http://piwik.org/

piwik-seo-tracking-dashboard1

ウェブサーバーのログファイルからの解析とウェブビーコン型での解析に対応したオープンソースのアクセス解析ソフトです。 簡単に言うと Google Analytics と同等の製品をオープンソースで実現しようとしたソフトで、自前のサーバーにインストールして使用します。

機能面では Google Analytics に劣りますが、ウェブサーバーのログさえあれば過去のデータを解析できるという強みがあります。

私はログファイルを用いて解析を行う仕事では Piwik を利用しています。ログデータを第三者に提供できないなどの理由で Google Analytics が導入できない場合には、無償ツールのなかでもっともおすすめできるものです。

メリット

  • ログファイルから解析できる。
  • 自社のサーバーにログを保管できる。

デメリット

  • 自前でサーバーを用意する必要がある。
  • Google Analytics ほど機能が豊富ではない。

共通するメリット

Google Analytics, Piwik に共通したメリットを紹介します。

複数サイトを同時に管理

ひとつの管理画面から複数のウェブサイトのアクセス解析データにアクセスできます。 ウェブ制作会社や広告代理店など複数のサイトを運営している場合に、とても役に立つ機能です。

モバイルアプリ

スマートフォンのアプリが提供されており、 iPhone 端末や Android 端末からデータにアクセスできます。

API

開発者向けに API が提供されています。

API を利用すれば収集するログを独自にカスタマイズできますし、オリジナルの分析画面の開発やレポートの自動生成も可能です。


最終更新日: 2014年08月09日(土) / カテゴリー: ウェブサイトの構築と運用


Back to top