ある問題の解決策を探しており、解決策を知っている人物が居るとしよう。

賢明な人間はその人から 解決にいたる行動や考えを学ぼう とする。 いっぽう暗愚な人間はその人から 解答だけを聞いて満足 する。 さらに賢い人は解答だけを入手できれば良いのか、解答にいたるプロセスが重要なのかを吟味し、時には直感的に判断したうえで解答を聞き出す。 馬鹿な人間はいつまでたっても解答だけを手に入れてうれしがる。

賢明な人間は相手を理解しようと努める。相手の考えや行動にはそれぞれ相当の理由があるはずだ。その理由を探し出さねばならない。そうすれば相手の行動さらには相手の性格に対する鍵まで握ることができる。

—デール カーネギー

Wise men make proverbs and fools repeat them.
(賢い者は諺を考案し、愚か者はそれを何度も唱える。)

最終更新日: 2007年10月28日(日) / カテゴリー: 考え方・発想法


Back to top