時系列解析の説明

時系列解析とは 時間の経過と共に記録されたデータについて傾向、周期、誤差を分析する 手法を指す。

時間の経過と共に記録されたデータのことを 時系列データ と言う。

時系列データから何かを読み取ろうとするとき、数字を眺めているだけではどうにもなりません。

時系列データから 基本的な統計量 を算出して、 「当せん金額が最も多かったのは先月だ」とか「抽せん数字の平均値は 555.5 だ」とかは理解できるが、 時間の流れに沿った特徴を読み取る のはデータを見ているだけではわからないのです。

そんな時系列データはグラフを描いて分析するのが常套手段です。

グラフから 傾向、周期、誤差 を読み取ります。

傾向:
増加や減少があるのか?増減は激しいのか、ゆるやかなのか?といった変動を見る。
周期:
増減の変動に一定の規則が現れているのかを見る。
誤差:
不規則な変動があるのかを見る。

ナンバーズの予想に使うには

まずは抽せん数字について色々な時系列データを作成してグラフを描いて、どのような変動が見られるのかを眺めてみるのが第一歩です。

例としてミニの抽せん数字について時系列データを解析してみます。

ミニの抽せん数字についての時系列分析

第4141回から第4240回(全部で100回分)のミニの抽せん数字をグラフで描いたのが下の図です。

第4141回から第4240回のミニの抽せん数字


このグラフから読み取れること:

  • 抽せん数字(赤いライン)は乱高下を繰り返している
  • 4200回から4220回は小さな数字がよく出現していそう

どうやらこのデータだけでは傾向や周期は読み取りにくいです。

そこで 移動平均 を計算して、同じグラフにプロットしたものが下の図です。 移動平均というのは時系列データをなめらかにする手法で、一定の区間を定めてその区間内の平均値を計算したものです。 詳しくは 移動平均 のページを参照。

今回は「10回毎の平均値」を計算して、青いラインで描いています。10回分の平均値なので始めの4141回から4149回までのデータはありません。

第4141回から第4240回のミニの抽せん数字 (移動平均付き)


抽せん数字だけのグラフではわかりにくかった傾向が移動平均によって明らかになっています。

  • 4200回から4210回くらいまでは抽せん数字が小さくなる傾向がある
  • 4210回以降4230回ぐらいまでは数字が大きくなる傾向がある
  • 10回分の抽せん数字の平均値は70よりも低い傾向がある
  • 規則的な変動も不規則な変動もなさそう

こうした分析結果にもとづいて抽せん数字の予想につなげます。


最終更新日: 2016年06月11日(土)


Back to top