連想配列は指定されたキーに対応する値を素早く見つけだせるように、キーと値を関連付けてデータを保持するデータ構造です。

実装(キーと値の関連付け)にハッシュ法が利用されるのでハッシュ テーブルと呼ばれることもあります (Pythonでは辞書、C++ではマップと呼ばれます)。

連想配列の実装はハッシュ法以外にバイナリーツリー(バランスドツリー)もあります。

連想配列のイメージ図

連想配列における要素の挿入/取得/更新/削除はキーを指定した操作で実現します。

最新版: 基本情報技術者試験+応用情報技術者試験+Python+SQL 初心者からプロのエンジニアになる講座

基本情報技術者試験と応用情報技術者試験の試験合格水準の知識を身に着けるオンライン学習コンテンツ

詳しく見る