キューはリストの一方の端で挿入が行われ反対の端で削除が行われる FIFO の構造です。FIFO (First In, First Out) とは「最初に入ったものが最初にでてゆく」という意味です。

商店のレジでの順番待ちだと思ってください。先に入った人はお金を払ったら先に出て行きます。入口と出口は必ずレジの一方にあります。これがキューです。

キューでは要素を挿入する操作を Enqueue 、要素を削除する(取り出す)操作を Dequeue と言います。またリストの先頭を Front 、最後尾を Rear と呼びます。

キューのイメージ図

キューもスタックと同じく操作に制限がかかったリストです。

最新版: 基本情報技術者試験+応用情報技術者試験+Python+SQL 初心者からプロのエンジニアになる講座

基本情報技術者試験と応用情報技術者試験の試験合格水準の知識を身に着けるオンライン学習コンテンツ

詳しく見る