キューはリストの一方の端で挿入が行われ反対の端で削除が行われる FIFO の構造です。FIFO (First In, First Out) とは「最初に入ったものが最初にでてゆく」という意味です。

商店のレジでの順番待ちだと思ってください。先に入った人はお金を払ったら先に出て行きます。入口と出口は必ずレジの一方にあります。これがキューです。

キューでは要素を挿入する操作を Enqueue 、要素を削除する(取り出す)操作を Dequeue と言います。またリストの先頭を Front 、最後尾を Rear と呼びます。

キューのイメージ図

キューもスタックと同じく操作に制限がかかったリストです。

本書を電子書籍(PDFファイルのダウンロード版)として販売しています。

電子書籍の案内ページを見る

学校や会社で印刷して配布したり、パソコンやタブレット端末に保存してオフラインで読むためにご活用ください。