連想配列は指定されたキーに対応する値を素早く見つけだせるように、キーと値を関連付けてデータを保持するデータ構造です。

実装(キーと値の関連付け)にハッシュ法が利用されるのでハッシュ テーブルと呼ばれることもあります(Pythonでは辞書、C++ではマップと呼ばれます)。

連想配列の実装はハッシュ法以外にバイナリーツリー(バランスドツリー)もあります。


連想配列はキーを指定する事で値にアクセスできます。