保湿クリームで乾燥肌対策

体がかゆくなってしまいがちの乾燥肌。

かゆみのある乾燥肌に潤いを与えるシンプルで安価な方法をまとめました。

すべて私の体験談で、ご紹介する内容はあくまで個人の感想です。ちなみに私は男性ですが女性の方も参考になると思います。

痒みが治まらずかきむしってしまって皮膚が傷つくほど症状がひどくなる前に皮膚科を受診しましょう。早めの受診が肝心です。


保湿クリーム

乾燥肌は、肌が十分な水分を保持していないときに発生するので、肌の潤いを保つことで改善につながります。

皮膚細胞に水分を補給し、湿気を閉じ込める保湿剤は乾燥肌対策のはじめの一歩です。

私は保湿クリームを使って乾燥やかゆみが治ってきたのを実感しましたので、私が現在使っている物と過去に使ったことのある物を 『全身に使える乾燥肌のための保湿クリーム』 の記事で紹介しています。

保湿剤は厚くて油っこいほど効果的とされています。最も効果的で最も安価なものは、ワセリンとココナッツオイルやアルガンオイルです。 これらは水分を含まないため、入浴直後で肌が湿っている状態での使用に最適です。

保湿クリームと呼ばれるものは水と油をさまざまな比率で含んでいて、ワセリンやオイルより油っこくなくて美容成分も含んでいます。

お風呂の温度を下げる

湯船にはるお湯とシャワー、どちらも41度にしています。

熱いお湯は皮膚の油分を剥ぎ取ってしまうというのを聞いてから41度に下げるようにしました。

以前は42度だったのですが、41度に下げるようにしてからお風呂上がりの肌のつっぱり感がやわらいだ感じです。

石鹸やシャンプーの使用頻度を減らす

石鹸は過剰に皮脂を落としてしまうということを聞いたので、基本的には石鹸やシャンプーを使わないでいます。

多量の汗をかく夏場やヘアカラーを行ったときなど、汚れやニオイがひどいとき以外はシャンプーや石鹸を使いません。

肌着を着る

乾燥肌は敏感肌につながります。

シャツやズボンが直接肌をこすらないようにするために肌着を着るようにしています。

上半身は季節によって半袖と長袖を使い分けていますし、下半身は年中レギンス/タイツを着用しています。

詳しくは 『乾燥肌・敏感肌対策に肌着(インナーウェア)を着よう』 で書いていますのでご覧ください。

食事

特に気をつけていることはないのですが、普段の健康管理として夕食は午後9時までに済ませるようにしています。食後にお菓子を食べたくなって食べた時でも午後10時には切り上げています。

ちなみに好きな食べ物は鶏唐とフライドポテトです。生野菜はシーザー ドレッシングをたっぷりかけて食べます。チョコレートはカカオ88%の苦いやつが好きです。

おわりに: この記事を書いたきっかけ

30代後半から部分的に乾燥肌がひどくなって痒みを伴うようになりました。

痒くなってしまう主な場所は

  • 肩甲骨 (けんこうこつ)
  • 肩(かた)
  • 背中(せなか)
  • 脛(すね)
  • 腰(こし)
  • 太腿(ふともも)

あたりです。だいたい服が擦れやすいところですよね。

ほぼ全身かよ!というわけでなく、それぞれの部位の特定の範囲だけが痒くなります。

顔は冬場は乾燥して少しは粉が吹くようになりますが幸いかゆみはありませんし、保湿クリームを塗るようになってからは気にならなくなりました。

私は冬から初夏(12月頃から翌年5月上旬頃)まで乾燥肌とかゆみが続くので花粉アレルギーの可能性も疑いました。しかし受診しても何ともなかったので、やはり気候や加齢による乾燥が原因のようです。

数年前まで何も対策せずに、かゆいところをかき続けた結果、かいた場所は肌が黒くなりました。

肌が黒ずんだのは治せないとしても、かゆみを止めることがどうにかできないかと思い、主に保湿対策をして効果があったので、同じ悩みで困っている人の参考になればと思ってこの記事を書きました。

大事なことなので何度も言いますが、痒みが治まらずかきむしってしまって皮膚が傷つくほど症状がひどくなる前に皮膚科を受診しましょう。早めの受診が肝心です。


最終更新日: 2020年06月24日(水) / カテゴリー: 美容・健康